横浜支所グルメ(8) 番外編 bohdi sena

30年ほど前にイギリスの田舎町を3週間ほど旅行しました。

行ってみてびっくりしたのは
どんなに小さな町でも中華料理とインド料理の店が必ずあったことです。

その後ヨーロッパ旅行をしていくうちに
ドイツにおけるトルコ料理、
オランダにおけるインドネシア料理
と同じ意味であることがわかるようになるのですが、
初めてフリー旅行をした国がイギリスだったので、
その時にはわかりませんでした。

イギリスの田舎町で食事する場所に困った時に
インド料理ばかり食べていたこともあり、
日本に帰ってからもインド料理の店に好んで行くようになりました。

その後、御徒町にある南インド料理の店に行ったとき
初めてドーサを食べて以来、ドーサを扱っている店があれば
ドーサを頼むようになりました。

横浜に戻ってからはドーサを扱うインド料理店を見つけることができず、
すっかりドーサから遠ざかっていたのですが、
2019年にご紹介した志な乃に行った帰りに
この店を見つけたことでドーサ問題は解決しました。

店の外観や内装からして、絶対美味しいはずという確信があったので、
期待して店を訪れました。

この店のランチのドーサセットにはライスがつきますが、
ライスなしにすると値段据え置きでドーサを大きくできるサービスがあり、
嬉しい限りです。

東京ではドーサのオーダーは13時からという店をあるくらいですから、
手間がかかる料理なのかもしれませんが、
この店はそのような制約がありません。

ランチにバトゥーラ(揚げパン)を追加料金なしで提供してくれるのも
プラスポイント。

ランチはお客さんでいつもいっぱいなので、
込み合う12時前にお店に入った方が良いと思います。

ちなみに、審判所にいたとき、職権調査で外出した際、
同行した審判所職員とも2度訪れました。

以上

前の記事

横浜支所グルメ(7) どん八