プロフィール

略歴

1969年神奈川県逗子市生まれ
1991年会計士補登録
1995年公認会計士登録
2005年経営学修士
2012年弁護士登録
2017年国税不服審判所
2020年通知弁護士(税理士業務開始)

逗子生まれの逗子育ちです

逗子で生まれ育った者として
 逗子にお住まいの方々
 逗子でご商売をされている方々
のお悩みを
法律と税務の両面から解決を目指します。

国税審判官の経験者です

法律問題には必ず何らかに経済活動が伴っており
経済活動には課税の問題が発生します。

国税不服審判所という
国税の第三者的機関において
弁護士出身の審判官として
課税処分の審理に携わり
複数の取消事案にも関与した経験を活かし

税理士の先生方や納税者の方の
国税・地方税の不服申立て、
取消訴訟などの税務紛争や
税務調査を支援しています。

  • 税務調査の連絡があった。
  • 税務調査で修正申告を求められて判断に迷っている。
  • 重加算税に納得できない。
  • 更正処分を争いたい。
  • 税務訴訟を起こすための弁護士を探している。
  • 固定資産税が高いと思っている。

といった税務上の問題に直面した方の
お力になれるよう精進しております。

公認会計士です
事業会社の勤務経験もあります

公認会計士として
会計監査を通じて
上場会社から中小企業まで
様々な規模・業種の組織運営を
外部から見るとともに

弁護士になった後も
事業会社の経営企画部に勤務し
組織運営を内部からも見てまいりました。

組織を内外から見た経験を活かし
組織運営の実態に寄り添った対応を心掛け
実践可能な解決策をご提案いたします。

心がけていること

1 正直であること

長い目で見て
お客様にとってプラスとなるよう

お客様に不利な事情を含め
私の見立てを正直にお話します。

2 複眼的に検討すること

法律問題の総合診療医を目指しております。

法律だけで解決できる問題なのか
税などの他の分野も考慮すべき問題なのか
複数の視点から問題解決の糸口を探ります。

公認会計士になった後
大学院に進学して経営学を学んだのも
弁護士になったのも
国税審判官になったのも
弁護士として事業会社に勤務したのも
いずれも
物事を複眼的に見るためです。

お気軽にお問い合わせください。

弁護士・公認会計士 和田 和純

  神奈川県弁護士会 所属
  日本公認会計士協会神奈川県会 所属

取扱業務

税務問題のご相談

国税(所得税、法人税、相続税など)

  • 再調査の請求・審査請求の代理人
  • 再調査の請求・審査請求の後方支援
  • 税務訴訟
  • 税務調査の立会
  • セカンドオピニオン

地方税(固定資産税など)

  • 審査の申出・審査請求の代理人
  • 税務訴訟

法律問題のご相談

相続

  • 遺言書の作成
  • 遺留分侵害額の請求
  • 遺産分割

離婚・労働

  • 離婚(財産分与・慰謝料・養育費)
  • 労働(解雇・残業代)

コラム

2021年7月22日tips

2021年7月22日のコラムはお休みですNew!!

2021年7月15日法務と税務

書いてある文言をないものとして扱う条文とは

2021年7月8日法務と税務

残業代請求の税務処理(労働者側)

2021年7月1日改正法

2019年7月以降に開始した相続において、2020年4月以降に遺留分侵害額を請求した場合の取扱い(その2)

2021年6月24日改正法

遺留分減殺請求権にはなかった侵害額請求権特有のリスク

2021年6月17日Uncategorized

辞めた会社から源泉徴収票を送られてこないときは

お電話でのお問い合わせ046-871-1170

メールでのお問い合わせ
PAGE TOP